せっかくのDrive in LIVE!だから少しでも高まりたい!盛り上がりたい!

f:id:kokokokua2:20200711033508j:plain

と思って、MiKER!の初ステージを(勝手に)応援するべくMikER!応援ランチセットを作ってみました。

配信のときによくお酢を飲んでいる瀧野由美子さんの(受験勉強の)疲労回復に、体によくて風味のいいお酢を作れないかなあと思ったこと、お酢作りが最初のきっかけでした。

まあ飲んでもらえないのが前提なのでw、自分で楽しんで作ってるだけですが。

f:id:kokokokua2:20200711012355j:plain

続きを読む

大三島で瀧野由美子さんの古いサインを発掘してきた

f:id:kokokokua2:20200524001605j:plain

大三島ブリュワリー

大三島に立ち寄ったなら誰もが必ず訪れるであろう大山祇神社の参道に、小さな小さなビール醸造所、「大三島ブリュワリー」さんがあります。神社の大鳥居(もちろんお好み焼き屋さんのほうではない!)から徒歩5分もかからないくらいの場所に位置していて、古い民家を改装したとてもすてきな感じの建物なのですぐにわかると思います。

 

何年か前?その存在だけは知ってはいましたが、自分が島を訪れるタイミングと営業日があわなかったり、あと車の運転のこともあってこれまではなかなかこちらのビールをいただく機会には恵まれませんでした。

今回、5月22日からテイクアウトのみで営業を再開されるとの報せを見て、これは今しか行けないなと思ったので急きょ大三島へ車を走らせたのでした。

 

ビールのテイクアウト??とはなんとも馴染みのない形態なのですが、ペットボトルでの量り売りとなります。500mlのペットボトルに詰めてもらって持ち帰って飲むスタイルです。今回はタイプの異なるビールを2本購入。1本はお昼頃に持ち帰ったものを宿の冷蔵庫で冷やして夜に飲みました。もう1本は翌々日に飲みました。

 

今まで飲んできた数々の地ビールや、そして普段の生活で飲んでいる缶ビールを仮に「ビール」と呼ぶならば、このたび口にしたこちらのビールはもうそれらとは似て非なるものだな、と感じるくらいの違いがありました。美味しい!作り立ての美味さがどうしようもない!手作り感がたまらない!風味とのど越し、鼻腔を抜けていく薫り、こりゃたまらん旨さでした!

 

そんなこんなで、「大三島ブリュワリー」さんを検索してみてください。いろいろ画像とか情報がでてきますので自分的には大三島で立ち寄る場所として絶対におすすめしたいです!

f:id:kokokokua2:20200524001611j:plain

続きを読む

アナスターシャ①「二拍三連」~割り切れないリズムの揺らぎのドラマ~

f:id:kokokokua2:20200324225801j:plain

 

鈴木絢音ちゃんがまだ研究生だったむかし、「二拍三連」と題したモバメを送ってきたことを記憶されている方はいらっしゃいますか。

 

自分もそれを保存してるわけでもないし5年以上も前のこと?でよく覚えていないのだけど、内容的には、

・二拍三連を知っていますか?

・AKBさんの曲ではよくみられるけど※

・乃木坂の曲では少ないように思う※2

というのがおおまかな内容だったかと。

今日アナスターシャを音源で聴いて、最初に思い浮かんだのがこの絢音ちゃんの昔のモバメだった。

 

※例えば、武道館で絢音ちゃん達が披露したAKBの「初日」のアウトロを思い出して下さい。 最後のアレです(笑)

 

※2その当時は確かに少なくてすぐに思い出せるのが「ぐるぐるカーテン」のアウトロぐらいで、このモバメのあとに発表された「命は美しい」では二拍三連と見せた付点8分のイントロが来て、そしてこれまでも、というか「ラブストーリーは突然に」以降、J-POPにおいて二拍三連と付点8分の差異がすごく曖昧になったかもしれないという自分の中の問題意識と絢音ちゃんの興味や関心がなんとなく一致してるような気がして(ものすごい誤解)、ひとり勝手に喜んでいたものです。

 

たぶんもうなに話してるかわけがわからなくなった気がするので(自分でも)、ここまでにしてください笑。このあとはさらに用語解説いっさいなしの迷宮に突入しそうな気がします。

 

(2015-02-15に2拍3連と題したブログを書いていますが、このブログではなくてたぶん前日か翌日に同じタイトル(漢字だったと記憶)で送られてきたモバメのほうです)

続きを読む

波になりたかった マチャン島より愛をこめて

 

https://www.instagram.com/yumiko_anko/

https://www.instagram.com/yumiko_anko/より

これもある日のインスタグラム。

何を感じますか?

 

黒く光沢ある床に素足のゆみりん、涼しそう。

光と静寂。

クッションソファー。

だらりと伸びたゆみりんの腕、仰向けの猫、リラックス。

光のむこうはたぶん海、遠くに波の音。

流木を磨いてこしらえたようなテーブルやイス、流木が流れ着く小島。

 

 

頭の記憶の片隅に残っていたこの景色。

ふっと目にとびこんできた。

続きを読む

風になりたかった ジャカルタより愛をこめて

f:id:kokokokua2:20191023223721j:plain

@stu48_yumianko より

ある日のツイッターでこの写真を見て、ゆみりんかわいいなと思ったからちょっとジャカルタまで行きたくなっちゃった。

ゆみりんの髪が風でふわっと靡いていて、そんな風になってみたかった。

同じ場所で。

 

続きを読む

瀧野由美子さんへの共感ノート duex

 

f:id:kokokokua2:20190912093500j:plain

 

 大昔、まだ僕が小木曽汐莉さん(元SKE48)のファンだったころ、小さい顔がチャームポイントであるはずの小木曽ちゃんが「アイドルになる前は、自分の小さい顔がコンプレックスだった」と話しているのを聞いたことがある。「でも、アイドルになってから小さい顔がストロングポイントになることがわかって、そこから少し自分に自信を持てるようになった」と。当時、この話しを聞いたときにはもの凄く驚いた。他人から見て、誰もが羨ましい、そうなりたい、と思っていることであっても自分にとっては決してそうではないと。むしろ逆であると。そういうことってあるものなんだなと。

 

このたび故あって(笑)、瀧野由美子さんの配信を毎回毎回熱心に見ていたわけですがw、期間最終日の前日に「ちょっと真面目な話をします」とぽつぽつ語り始めたとき、僕の中に、もう衝き動かされるような大きな感情の波が涙とともにやってきました。

 

どのような過程を経て、彼女がdiscourageされ(を受け)、enpowermentから遠ざかった状態に至ったのかが非常によくわかったし、逆に、そこから今どんな自分になろうとしているのか、どんなことを目指しているのか、彼女の語りの中に大きな共感と希望を覚えたことがこの筆の動機です。

続きを読む