「GO!GO! little SEABIRDS!! 公演を見続けて、今感じていること」

気が付いたら今日で13回目のゴゴリバ公演観劇だったようで。 4月16日の初日公演から今日で5か月が経過、自分が最初に観たのが4月17日、以降、1か月に2~3回船に乗っている計算になる。EMTGの履歴を見てはじめてわかったことだけど。 我ながら、よく続けて観…

ゆみラーズッキーニのスタッフドサラダ

明日の「STUと走ろう!しまなみサイクリング」に向けて、尾道に前乗りしています。尾道の坂に建つ古民家をリノベーションした、とても素敵な貸別荘に滞在しているのですが、食事はすべて自炊ということなので久しぶりに料理を作ることにしました。 ゆみここ…

「歌唱力を磨き、自分の声を形にする」ということ

昨夜の配信で矢野帆夏が令和の目標のひとつとして、タイトルの言葉を挙げていました。 具体的に ①自分の声をCDに収録してもらうこと ②ソロ公演をやってみたい気持ちがある ③そのほかにもいろんな形にしていきたい の3点を挙げていました。 ①について、これ…

GO!GO! little SEABIRDS!!公演雑感 ②

心愛ちゃん優勝! 〇お見送りについて たしかにお見送りはありませんが、「夢力」のあと、そしてENの「原点」のあとに充分な時間があって、各メンバーは客席に手を振って声援に応えてくれます。たぶんここで見つけてくれるはずです。自分の受け止めにすぎな…

GO!GO! little SEABIRDS!!公演雑感

初日公演を配信で見て、次の日に実際に見てきました。 そのうえで思いついたことを順不同でつらつらと、、、、。

瀧野由美子さんへの共感ノート

瀧野由美子さんのファンになってから1年が過ぎて、最初は「かわいいなあ」とか、「すごくやさしそう」「真面目な感じ」とか、表面的なところを見て好きになっていったのだけど、STUの活動を追いかけて、ゆみりんがさまざまな場所で発信する言葉に接していく…

「風を待つ」から感じたこと

もはやロストテクノロジーとも、オールドテクノロジーともいえる、「ウォールオブサウンド」をどうしてこの時期、2ndシングルの表題に持ってきたのか?その意味をずっと考えてきた。 もともと、当時の技術の限界に対する応用(ほとんど苦肉の策w)としてフ…

#秋元康カルタ 自分も真似してやってみた

この方のブログはとても面白くてためになってほんとにいつも楽しく拝見させていただいております。あまりによくて共感してしまったので自分でもついやってみたくなりました。 せっかくなので50音考えてみました。秋の夜長に #秋元康カルタ 考えてみませんか…

瀬戸内の声、いつの日か

西日本豪雨災害支援活動「がんばろう!瀬戸内」STU48チャリティーコンサートツアーにおいて披露された、「瀬戸内の声」に関する自分の備忘録として。ここに至るまでの経緯、作曲者・編曲者、メンバーの動向など。そしてこれからのこと、「瀬戸内の声」を「世…

「暗闇」と「少女邂逅」

〇「少女邂逅」 8月に元町映画館に「少女邂逅」を見に行きました。「超能力研究部の3人」以来、この劇場に足を運んだのは何年振りだろうか。この日は神戸における公開初日でもあったので、枝優花監督の舞台挨拶もありました。偶然にも同じ日にメリケンパー…

高橋栄樹作品におけるロイド的風景

『「センチメンタルトレイン」MVの甲子園会館に行ってきた①』がまったくセンチメンタルトレインにならなかったので笑、いま②を書いているのだけど、やっぱりこれもセンチメンタルトレインにたどり着けそうになかったので笑、ちょっとだけタイトルを変えてみ…

「センチメンタルトレイン」MVの甲子園会館に行ってきた①

先日、「センチメンタルトレイン」MV(監督:高橋栄樹)のロケ地である、西宮市の甲子園会館(旧甲子園ホテル)を見学してきました。JR甲子園口から徒歩10分ほど、武庫川女子大学の敷地内にあり、HP上の見学カレンダーに沿って事前に予約をしておけば個人…

ホワイトパスポート

〇好きな曲 今日も握手会に行ってはみたものの、いつも話すのが苦手で、最後まで何を話そうか迷ってばかり。そういえば、ちょうどコンクールの季節だからコンクール関連の話をしようと決めて、さあ順番。 だ「おはよう。」 ゆ「おはようございます。」 だ「…

もうひとつの「瀬戸内の声」を知っていますか?(「瀬戸内の声」ふるさとバージョン)

それは3月19日、広島での陸上公演に参加して考えさせられたこと。 この日は、岡田奈々キャプテンが公演に参加するという大変に貴重な日で、かつ、ちょうど1年前のこの日、STUの最終オーディションが行われた日でもあった。当然、公演中のMCの話題もこのこと…

故郷(ふるさと)を離れ都会で働くすべての人の応援ソング『思い出せてよかった』(STU48)

①歌詞について ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみのなかにそを聴きにゆく 昔学校で習った石川啄木のこの短歌に、少し似たような世界観を持つのがSTU48二番目のオリジナル曲「思い出せてよかった」です。もちろん自分の独断と偏見ですが。 岩手から上京して…

綺麗とかわいいの魔法使い STU48田中皓子

まだ夢うつつのような、ぼんやりと起きた土曜の朝。 いつもなら夜に配信のある田中晧子さんのSHOWROOM。朝に通知があるの珍しいなと思って見てみる。 もういちど夢におちて眠ってしまいそうな、柔らかくてやさしい情景だった。 レースのカーテン越しにさす朝…

STU48「せとうちめぐり」の感想

せとうちめぐり全日程終了しました。 3月の愛媛から先日の香川まで駆け抜けましたね。自分は愛媛と徳島には行けなかったのですが、5県のせとうちめぐりに参加することができました。なによりメンバー、スタッフの皆さん、そして参加されたファンのみなさん…

感想:「世界はどこまで青空なのか?」

土曜日に映画館でAKBGのリクアワを観た。最後にリクアワを観たのは2012年の西宮の映画館。順位が発表されると思ったら、「番外編」と画面に出ていきなり「ぐるぐるカーテン」の文字が躍った日。そんな超久しぶりのリクアワ鑑賞。最近の流れはなんとなく心得…

ありがとうございました。「脳外博覧会」

「脳外博覧会」、無事終了いたしました。12月2日、3日の2日間で、およそ300名の来場をいただいたとのことです。多くの方にご来場いただけましたことを大変嬉しく思いますと同時に、なによりその人の多さにびっくりしております。また、直接足を運んで参加し…

所信「脳外博覧会」

このイベントは、伊藤万理華さんについて、自分なりの「好き」を少し広げてみて、もっと「好き」を楽しむためのイベントです。なぜこのイベントをやろうと思ったのか、それも同じく、自分なりの「好き」を自分流に表現してみたかったのと、万理華さんに関心…

「脳外博覧会」チラシを作りました

「脳外博覧会」のチラシを作ってみました。(〇(tama)さん作)個人PV、ペアPV等を題材にした、17人のイラストレーターさんたちによる伊藤万理華。ギャラリーに飾られたときに、どんな雰囲気になるんだろうな。

「脳外博覧会」(第二報)

〇正式タイトルが「脳外博覧会」に決定いたしました。〇12月3日のライブ出演時間が決定しました。#脳外博覧会 12月3日のライブ出演時間が決定いたしました。15:00⊿乃衣さん (ピアノ)15:30百合坂46さん(ダンス)16:00いちろくさん(ギタ…

「脳外博覧会」 ~脳内より感謝を込めて~ (仮題)第一報

12月2日(土)3日(日)、京都北野天満宮前のギャラリーYOKAI SOHOでイベントをします。時間:12月2日(土)13:00~21:00 12月3日(日)11:00~20:00地図: (北野天満宮の鳥居から徒歩3分程度です)〇ギャラリー #〇さんと…

ツアー雑感

2014年の全ツは全国を周りながら、大玉ころがしとかお水にドボンとかをやっていたわけです。囚われの身となったいくちゃんを救い出すためのショーなんですが、あの頃はまだ笑って見ていられる余裕があったのです笑。内容的には、ほぼ全編が口パクか被せによ…

『百合坂46発表会Ⅱ~彼女たちの歩く道~』感想

昨年に引き続き、百合坂46さんの発表会に行ってきました。あらためて言うことでもないのですが、自分は乃木坂46が大好きです。それと同時に、乃木坂46の周辺にあるさまざまな「乃木坂文化」もまた、大好きなのです。文化だなんて、ちょっと大袈裟な言い方か…

「逃げ水」考

8月も後半に入り、暦の上ではとうに立秋(2017年は8月7日)を越え、夏もその終盤へと向かう時期になってきたようです。乃木坂46の2017年夏曲『逃げ水』(8月9日発売)は、「夏曲」と言いつつも、実のところ立秋の2日後にリリースされました。3rdシン…

斎藤ちはる「日立 世界・ふしぎ発見!」のミステリーハンターを務める!

今日は、斎藤ちはるが小さいころからの夢であった「日立 世界・ふしぎ発見!」のミステリーハンターになることができた、自分の夢をひとつかなえることができた、記念すべき日です。ちーちゃん、ほんとうにおめでとう。

新内眞衣「二推しの女」はいかにブルーオーシャンとなりえたか

90年代の亡霊というべきか、いつまでもデファクトスタンダードだとかドミナントみたいな用語に憑りつかれて、しかし思うように結果が残せない業態、経済界の方々はこの際、新内眞衣によるところの「二推しの女」について少し学ばれてはいかがか。

相楽伊織『映画館バイトの恋』

今更ですが、今回の17thシングル「インフルエンサー」では、1年ぶりとなる個人PVの復活が大きな話題となりました。少しづつ情報が小出しに伝わってくる中で、自分としてもはやく見たい気持ちでいっぱいでした。3月22日の発売に先立つかたちで、それぞれの予…

舞台「嫌われ松子の一生」レビュー

メイさんから観劇レビューを寄稿いただきました。とても細やかな視点で観察されていて、自分でも気づいていなかったことがたくさんあり、大変参考になるレビューでした。このお芝居はいろんな意味で衝撃的でした。観劇後、なぜかどっと疲れが・・・。もちろ…